2018年01月10日

ハリポタ研究第2巻 05,06,07

第05章 『暴れ柳』
(筋)いつもの9と3/4番線からホグワーツ行きの列車に乗ろうとして、
ロンもハリーも柵がじゃまして行けないことに気づく。
緊急処置として、ロンは、自分の父親の透明空飛ぶ車に乗って
ホグワーツに行くことを提案する。
ところが、もう少しで到着するところで、そのそばに立っていた
暴れ柳に墜落。ロンは自分の杖を折ってしまった……。
ジニーがグリフィンドールに組み分けされたことを
知ったロンとハリーだが、スネイプ先生からはねちねちいびられるし、
マクゴナガル先生からは怒られるし、ダンブルドアからは 『次回やったら退学』
と言われてしまった。
とはいうものの、生徒たちからは絶賛されて、ロンもハリーも悪い気はしなかった。

(コメント) 柳が暴れるというところがすごい想像力。もちろん、空飛ぶ車は
『バック・トゥ・ザ・フューチャー パート2』 で出てましたっけね。
SFとファンタジーは親和性が高いのです。
柳も、意志を持っていたりして。

第06章 『ギルデロイ・ロックハート』
(筋)翌日、ロンのところへ吼えメールがやってくる。そのすさまじさに圧倒されるハリー。
やがて薬草学の授業が始まった。マンドレイクの引っこ抜き方を教えるスプラウト先生。
その授業で、ジャスティンやコリンと名乗る少年に出会うハリー。
そして、午後の授業である『闇の魔術に対する防衛術』の担任、
ギルデロイ・ロックハートとも出会うのだが、このギルデロイ・ロックハートは、
どうしようもなく自意識過剰で、目立ちたがり屋だった……

(感想)このギルデロイというひとは、ほとんど役に立ちません。
本は書けるみたいだけど、実力はイマイチです。
なぜ先生になれたのでしょうか。

それと、わたし、映画の記憶を混乱させていたみたいです。
『賢者の石』より、『秘密の部屋』 とごっちゃにしてた。
『秘密の部屋』 のほうがわたしには
面白かったな。『吼えメール』 の描写もマンドレイクの描写も
原作通りだったから。
空飛ぶ車のフォルクスワーゲンがいまだに記憶に新しいです。

第07章 『穢れた血と幽かな声』
(筋)熱狂的なファン、コリンに追い回されながらも、ハリーは仲間とともに翌朝早くからクィディッチの練習だった。その競技会場に現れたのは、スリザリン側のクィディッチ選手たち。シーカーはマルフォイで、しかも最新式のニンバス2001を持っていた。自分が優勝するようなことを言うので、ハーマイオニーが、こちらはお金じゃなく才能で選ばれてるという。マルフォイは、『穢れた血め』と言ったので、グリフィンドールのみんなが囂々と非難する。 怒りのあまりロンはマルフォイに呪いをかけようとして自分に呪いをかけてしまい、ハグリッドに助けを求めに行く。ハーマイオニーも一緒だ。ハーマイオニーは、『穢れた血』の意味を知る。その後、ロンとハリーは校則を破った罰をうける。ロンはトロフィー磨き。ハリーはロックハート宛てファンレターの返事書きである。ハリーは、その作業の間に、自分を殺すという幽かな声を耳にする。

(コメント)『穢れた血』と呼ばれてハーマイオニーが涙するシーンが、映画であったような気がします。差別用語ってやつですね。人間界をバカにしているマルフォイですが、そのいいところはちっとも見習ってないみたい。
そして、自分を殺すという幽かな声。この正体はなんなのか? ロックハートは聞いていないっていうけど、彼はアテにはできない。ロンは杖を折って呪いを自分にかけちゃうし(汗) 今回も、いろんな事件が起こってました。相変わらずマルフォイは憎らしいが、こういうひとがいないとピリリと締まらないのもたしかです。がんばれマルフォイ。

posted by あすにゃん at 06:14| Comment(0) | 日記

2018年01月09日

ハリポタ研究第2巻 03,04

第3章 『隠れ穴』
(筋)ロンはジョージやフレッドとともに、空飛ぶ自動車にハリーを乗せて自宅である『隠れ穴』に連れて行く。そこでは、心配した母親がガミガミ言っていたが、おおむね楽しい一日を過ごした。

(コメント)まえから不思議に思っていたんだけど、魔法使いたちって人間と関わることがたびたびあるんでしょ? 魔法省だってイギリスにあるって言うし。なのに、人間の現実をほとんど知らないって、どういうことなんだろう。
魔法界にもマンガがあるんですねえ。だれが書いてるんだろう。やっぱり原語でも 日本語で『マンガ』って書いてあるのかな。

  第4章 『フローリシュ・アンド・ブロッツ書店』
(筋)いよいよ学校が始まる。教科書を買いにダイアゴン横町へ行くウィーズリー家。その際につかわれた「煙突飛行粉」は、ウィーズリー家には軽々と使えたのだが、ハリーは目的地のダイアゴン横町ではなく『夜の闇(ノクターン)横町』に着いてしまった。そこで危うくマルフォイ一家と鉢合わせするところだったハリーだが、からくも脱出。ウィーズリー家とハグリッド、ハーマイオニーたちと合流すると、教科書を売っている『フローリシュ・アンド・ブロッツ書店』に行った。そこでは、数ある教科書のほとんどを書いている、ギルデロイ・ロックハートがお出ましになっていた。そこでウィーズリーのおじさんあとマルフォイの父は、けんかになる。

(コメント)自意識過剰のロックハート、登場です。このひとの名誉への飽くなき野望は、ほとんど病気じゃないかしらん。そして、貧しいウィーズリー家を嘲るマルフォイにとっくみあいのけんかをして、ハーマイオニーの両親がおびえちゃうシーンもばっちり入っていました。おとながこんな調子だったら、ホグワーツに預ける気持ちにはなれないかもしれない……。

posted by あすにゃん at 06:13| Comment(0) | 日記

2018年01月05日

ハリポタ研究第2巻 02「ドビーの警告」

☆第2章 「ドビーの警告」
(筋)ハリーのベッドにいたのは、屋敷しもべ妖精のドビーだった。
彼はハリーに、ホグワーツで待つ罠のこと、危険な目に遭うことを警告。
ロンやハーマイオニー、ハグリッドの手紙を、彼が止めていたことを打ち明ける。
そしてドビーは、ダーズリー家のまえで、魔法を使って消え失せる。
その直後、魔法省から警告のメッセージが。
バーノンはそれで魔法が禁じられていることを知り、態度を豹変させてしまった。
みじめで空腹で、鉄格子の見える部屋の中のハリーは、
眠りかけたときにロンを鉄格子の向こうに見たのだった。

(コメント)ドビーは映画でも相当、不格好でした。
妖精、というよりノーム(地霊)に近いかも。
こいつがヨシモトめいたコントを繰り出すので、笑っていいのか
困惑していいのか、わたしも面食らっちゃった。
しかもドビーはハリーよりもみじめなありさまで、
着ている服もひどいもの。
魔法使いからひどい扱いを受けても、
一生奴隷として使われると聞いて、
ハリーは同情するのでした。優しい。
ハリーのいいところは、2回も命の危機にさらされ、
ヴォルテモートをやっつけたのに、ちっともえらぶらないところ。
もちろん、ドビーの警告なんて馬耳東風、
というところもありますが。
ロンが迎えに来てくれて、この章はおしまい。
屋敷しもべ妖精って、ゲームでも出てくるのかしら。
期待して待とう。

posted by あすにゃん at 05:51| Comment(0) | 日記