2018年05月17日

ハリポタ研究第05巻(下) 20〜22章

第20〜22章
(筋)それまでずっと留守にしていたハグリッドは、自分の任務についてハリー、ロン、ハーマイオニーに語る。危険がいっぱいのその任務は、巨人たちを味方にする、というものだった。だがハグリッドはその任務に失敗したのである。
ハグリッドの新しい授業で、死を目撃した人間だけが見える怪物、セストラルの授業をしていたのだが、いけすかないアンブリッジ先生がハグリッドをクビにしようと虎視眈々と狙っている。そんななか、ハリーは大好きなチョウと接近中。なのになぜか眠りに落ちたとたん、自分が蛇になってロンの父親に噛みついた夢を見た。説明に躍起になるハリー。ダンブルドアのもとへ行くと、校長はすぐ配下の魔法使いを現場に直行させる。しかし事情は打ち明けてくれないので、フレッドとジョージの盗み聞きアイテムで会話を盗聴したところ、ハリーにヴォルデモートが取り憑いているという疑いを聞いてしまう。

(コメント)一章のうちに起伏が何個もあるのが、このシリーズの特徴です。今回の「不死鳥の騎士団(下)」ものっけから疑惑と危機と恋が入り乱れています。非常に上手いと思うのは、恋の場面は甘すぎず、ハリーの鈍さかげんがよくわかるようになっているという点でしょうな。乙女心をもうちょっと研究した方がよくないか、ハリーくん? もちろんそんな暇や心境じゃ、ないんだろうけどねえ。
ハグリッドは相変わらず、怪物オタク道をまっしぐらです。アンブリッジ先生が嫌がらせして、顔を真っ赤にしちゃう純情ぶり。性格はいいんだけど、頭はよくないという典型です。いずれ近いうちに、ホグワーツから追放されそうです。
そして、ハリーの変貌。ほのかな恋心を抱いた次の瞬間には、蛇になってロンの父親をかみ殺そうとする。この緩急のつけかたがすごいですね。とても真似できそうにないな……。
ただ、落ち着きはないですね。もっと描写や比喩が楽しみたいところ。児童小説の限界かも。

posted by あすにゃん at 08:30| Comment(0) | 日記

2018年05月16日

ハリポタ研究05(上) 15〜18章

第15〜第16章
(筋)アンブリッジ先生は、ホグワーツでほかの先生を監視する権限を、魔法省から与えられた。そのため、ハーマイオニーはハリーに、『闇の魔法への対抗術』の授業を、生徒たちに教えて欲しいと言い出す。ためらっていたハリーだったが、いつのまにか乗り気になり、実際に教えることになった。初恋のチョウが、ハリーを見つめっぱなしである。

第17章〜18章
(筋)幸せなときは長く続かない。魔法省からの通達で、ハリーたちの結社の自由は奪われた。そこでハーマイオニーは、ダンブルドア軍団という秘密の組織を立ち上げ、ホグワーツ城の秘密の部屋で闇の魔法への対抗術を学ぶ算段をつける。そうこうするうちに、ハリーはクィディッチで勝利した。ところがハリーはクィディッチを終身禁止処分にされてしまう。

(コメント)汚い歌でロンをアガらせて、勝利をせしめようとするスリザリン。そして、権力を笠にきて、生徒たちを押さえ込もうとするアンブリッジ先生。かろうじてチョウが味方になってくれているのが救いですね。
ハリーは、もうちょっと感情のコントロールをしたほうがいいのでは? すぐ喧嘩するから、つけこまれるんだよね。その意味では、スリザリンもアンブリッジ先生も狡猾でやり手です。
どこにでもいそうなひとたちだな。

posted by あすにゃん at 12:03| Comment(0) | 日記

2018年05月15日

ハリポタ研究第05巻(上) 11〜14章

第11章〜第12章
(筋)ハグリッド不在のまま歓迎会がはじまる。ハグリッドはダンブルドアの密命をうけて、巨人たちと講和を結ぶためにヨーロッパに行っていたのだ。「闇の魔法への対抗術」クラスには、アンブリッジ先生が就任。組み分け帽子は学校の危機を予言する。そしてハリーは、同じ寮生のシェーマスから、「例のあの人」の帰還について攻撃される。ネビルは自分はハリーを信じる、と言い切ってくれて、ハリーは感謝の気持ちがわき出てくる。
そんななか、アンブリッジ先生が授業を始める。ところがその授業は、実技はいっさい行わない机上の空論であった。

(コメント)仲良くするより敵対するほうが、人間の種の生存本能に沿っているといえるかもしれませんね。なにしろ太古の昔は、まわりじゅう敵だらけで、うっかり動植物に近づいたらえらいめに遭うこともあったんですし。
ハーマイオニーは「仲良くして」と言ってますが、スリザリンと仲良くなんて、なかなかできないものです。困ったもんだ。
そしてアンブリッジ先生は、とっても醜いひとです。それと同時に、やることは単調です。権威主義、お役人風。ハリーとはソリが合いそうにないですね。どうなることやら。

第13章〜第14章
(筋)ハリーが、ヴォルデモートの復活説を曲げないため、アンブリッジ先生は非常に卑怯な体罰を授ける。一方、ロンはハーマイオニーとともに監督生になる。

(コメント)ハリーもがんこですねえ。アンブリッジ先生に反骨精神バリバリですわ。そのせいで、手の甲に「ぼくはウソをついてはいけない」なんて文字を刻まれてしまうんですが……。
すぐ折れてしまうわたしにしてみれば、「かわいげがない」とか思っちゃいますが、こういう性格だからこそ、ヴォルデモートと対抗できるのでしょうね。
ロンの兄、パーシーは、ロンが監督生になってうれしくて、ハリーと縁を切れ、なんて手紙を送ってきます。ロンは手紙をバラバラにしてしまってます。男の友情っていいねえ。でも、ロンはクィディッチで守備を任されております。無事に切り抜けられるでしょうか。

posted by あすにゃん at 07:06| Comment(0) | 日記