2018年01月24日

ハリポタ研究第3巻 10,11,12

第10章 『忍びの地図』
(筋)怪我はなかったものの、ニンバス2000を失ったハリーは失意のどん底。みんなはハリーを慰める。マルフォイは相変わらずハリーを悩ませている。そんななか、ハリーはルーピン先生に、グリムとディメンターの話を聞く。ルーピン先生は、ハリーが決して勇気がないというわけではないと慰めてくれる。そして、ディメンターへの対抗法を教えてくれると約束してくれた。
その後、ハリーの見舞いに来たウィーズリー家のいたずら双子兄弟が、ホグワーツの抜け道を教えてくれる忍びの地図をプレゼントしてくれた。それを使ってホグズミードへ行くハリーは、その居酒屋で先生方の噂を聞く。シリウス・ブラックは、ハリーの名付け親であり、ヴォルテモートの忠実な家来であるというのだ! そして、ハリーの両親を殺す手伝いをしたというのであった……。

(コメント)正確には「殺す手伝い」というより、ハリーの両親の居所を隠しているはずのシリウス・ブラックが、ヴォルテモートに情報を漏らしたってことなんです。
でも、ハリーってどうして、こう、ひとの話を盗み聞きするハメになるのかねえ。なにかっていうと、年上たちから、いろんな噂や情報を仕入れてしまってる。ウィーズリーのおじさんからもシリウス・ブラックの話を盗み聞きしたしね。そういう情報は、アテになるんでしょうか? 忍びの地図だって、顔も見えない魔法の地図。そんなものを信用して大丈夫なのでしょうか。噂のアテにならないことを、ハリーはまだ知りません。シリウス・ブラックは、なぜ裏切ったのでしょうか。ハリーの両親は、自分を裏切る人間を信じるほどおろかだったのでしょうか……。謎だらけですね。

第11章 『炎の雷(ファイアボルト)』
(筋)クリスマスがやってきた。宴会の席でハリーは、最新式のクィディッチ用箒、『ファイアボルト』を贈られる。だれが贈られてきたのかこころあたりはなく、ルーピン先生は具合が悪い。そしてマクゴナガル先生は、ファイアボルトをとりあげて調査すると言い出した。ハーマイオニーは、解説する。『シリウス・ブラックから贈られてきたに違いない』。

(コメント)ものすごい高価な贈り物で、ハリーがダイアゴン横町で一番ほしかった箒、『ファイアボルト』。ハリーは素直によろこぶべきなのか迷っています。ダンブルドアが(透明マントを贈ったように)贈ってくれたと推理するロンですが、カードにはなにも書いてない。
そのうえ、ルーピン先生はまたも病欠。もしかして、ルーピン先生って、シリウス・ブラックと関係があるのかな? 疑ってしまいますね。
ところで、ロンの推理どおりなら、ダンブルドアが透明マントの贈り主。クィレル先生(頭が二つあった、『賢者の石』の吃音の教師)とは違うようです。わたしの推理、深読みしすぎだったみたい(汗) いやはや。

第12章 『守護霊(パトローナス)』
(筋)クリスマスが終わり、ハリーはファイアボルトを取り上げられたまま、ルーピン先生からディメンターへの対抗法を学んでいた。それは、『守護霊』を呼び出すもので、術者を護るが絶望を知らないので、ディメンターは太刀打ちできないという。一晩でどうにか術をこなせるようになったハリー。そんなおり、ロンは、自分のネズミが消えていて、近くにハーマイオニーの猫の毛があることを示したのであった。

(コメント)どんなに恐怖にさらされても、どんなに悲しい思いをしても、クイディッチの優勝のためにまね妖怪の演じるディメンターと戦うハリー。気絶しようとどうしようと、そういう瞬間にしか、両親の声が聞こえない。愛に飢えたハリーが何度も挑戦するのは、無理もない話です。それにしても、ハリーには幸福な思い出がほとんどないのが気の毒……。大切な友だちのハグリッドは、マルフォイを傷つけたヒッポグリフの弁護のために心を痛めているし、ハリーには、自分だけでない心労がたっぷりあるのです。優しさと勇気という相反する感情を持つハリー。成長が楽しみ。

posted by あすにゃん at 06:04| Comment(0) | 日記

2018年01月22日

ハリポタ研究第3巻 05,06.07

第5章 『吸魂鬼(ディメンター)』

(筋)ウィーズリー氏が事情(シリウス・ブラックの件)を話す前に、知っていると言うハリー。しかしウィーズリーは、まだなにか言いたげだ。ハリーとしては、トラブルに自分から突っ込むなんて、考えられないことだった。ホグワーツ行きの列車に、ロンやハーマイオニーと一緒に乗り込んだハリーは、ルーピン先生という、新しい『闇の魔法への防衛術』担当の先生と出会う。ところが、その列車にディメンターもやってきて、そいつに襲われたハリーは気絶してしまう。

(コメント) ホグワーツにまでディメンターがやってきて、ダンブルドアはあまり歓迎はしていないようです。ディメンターは、ハリーを狙っている模様。ルーピン先生がいなかったらどうなってたことやら!
このディメンター、想像するだけでもゾッとする幽鬼のような連中で、アズカバンの牢番をしているそうです。こんなのに監視されて、正気でいられるんでしょうか。
  ディメンターに気を取られて忘れてましたが、ハグリッド、先生になれておめでとう。どんな授業をするのかな。楽しみです。

第6章 『鉤爪と茶の葉』
(筋) ハリーたちは、『占い学』を専攻した。ところが、その担任は、ハリーの死を予告する。いやな予感のまま、次の授業(変身術)に出るハリーは、上の空。マクゴナガル先生が、占い学の先生について、含みのあるコメントをする。その後、ハグリッドの授業に出たハリーは、ヒッポグリフに出会い、かれの背に乗って飛ぶのだが……

(コメント)マルフォイって、どういう育ちをしてるんでしょうね。ネビル以上にトラブルメーカーです。せっかくハリーがヒッポグリフと仲良くなれたのに、かれのおかげで台無しどころか、ハグリッドがクビの危機に! ハリーは自分が死の予告をされても、ひとへの暖かい配慮を忘れません。やっぱりハリーはヒーローです。

第7章 『洋箪笥のまね妖怪』
(筋)ルーピン先生の授業が始まった。ひとの一番こわいものに変身するまね妖怪を退治する授業が始まり、恐怖には笑いで対抗することを教えるルーピン先生。クラスの子たちは、意気揚々とまね妖怪を退治し、ネビルは大活躍するのだが、ハリーとハーマイオニーはまね妖怪を退治することをルーピン先生が許さなかった。

(コメント)ハリーのまわりには、たしかに笑いはあまりないようです。友だちを笑いものにするわけにもいかないだろうしねえ。でもハーマイオニーがまね妖怪を退治させてもらえないのはなぜ? ルーピン先生、成績のいい子やほんとうにその呪文が必要な人には、教えないんでしょうか。サエないのは外面だけで、内面ではなにを考えているのやら……。
マルフォイの、思わせぶりなシリウス・ブラックへのコメントも気になります。

posted by あすにゃん at 06:21| Comment(0) | 日記

2018年01月19日

ハリポタ研究第3巻 03,04

第3章 『夜の騎士(ナイト)バス』
(筋)おばさんを膨らませたまま家を飛び出してしまったハリーだが、行く当てもなく困ってしまった。夜の町、呪文で光をともすと、バスがやってきて、『迷子の魔法使いを救います』と車掌が言う。魔法使いの金貨でロンドンのダイアゴン横町まで前払いしたハリーは、そのバスのなかで、シリウス・ブラックについての噂話を聞きつける。ダイアゴン横町では、魔法大臣のファッジが待ち構え、魔法を使ったハリーを処罰しなかったばかりか、この漏れ鍋であと2週間過ごせばいい、と寛容なところを見せる。ハリーは、この処置を不思議に思うが、ファッジは理由を言わなかった。

(コメント)十三歳のハリーに対して、それまで厳しい処置をしてきた魔法省が、なぜこんなに理解ある態度を取るのか? シリウス・ブラックと関係があるのか? 謎だらけです。
ナイトバスって、どことなく猫バスっぽい。猫バスには車掌はいなかったけど、夜、迷子になった子供を探しに行くところがとっても似てる。
そして、アズカバンはどんなところなのか。勇敢なハグリッドも真っ青ってぐらいだから、そうとう規律が厳しいんでしょう。魔法が使えなくなるとか あるかもしれません。

第4章 『漏れ鍋』
(筋)『漏れ鍋』で楽しく宿泊生活を楽しんでいたハリーは、ロンとハーマイオニーが訪れてきたので歓迎する。パーシーはウィーズリー家二番目の首席になっていた。そしてウィーズリー家を訪れたハリーは、あるきっかけでロンの両親が口論しているのを聞いてしまう。アズカバンの囚人シリウス・ブラックは、ハリーの命を狙っている! そして、ホグワーツも安全ではないと心配しているのである……

(コメント)『最悪の事態が来ると知ったとき、あなたならどうするか』
ということばがこの章の最後に出てきます。ハリーは、自分は殺されたりしないと自分を鼓舞しますが、ナイトバスに乗る際に見たみょうな犬のようなものはいったい、なんだったのでしょうか。
それはそれとして、今回は、たくさんのお金を持っているハリーが、いかに無駄づかいを我慢するかというところが、けなげでした。ファッジは、ダーズリー家とハリーのあいだには愛情があると言ってるけど、ハリーは今のところ、その意見には反対みたい。無理もない。愛情があったら、もうちょっと扱い方が違うよね(汗)
ロンとハーマイオニーは相変わらず。ジニーはハリーにぽーっとなってるけれど、ハリーは歯牙にもかけてない。そしてロンの両親は、ハリーを心配する。愛情って複雑です。児童書なんで、男女の愛については、さっぱり書いてありますが、親子の愛、親戚の愛、他人からの愛というところはバッチリ書いてあります。よく読んでみると、命の危険にさらされたハリーが、そのストレスを跳ね返して生きていく強さに感動します。

posted by あすにゃん at 07:04| Comment(0) | 日記