2018年11月15日

こんな情報、GETしたぜ

こんな情報、GETした

https://www.youtube.com/watch?v=KXtv8fx0GHQ

posted by あすにゃん at 17:06| Comment(0) | 見聞録

2018年08月20日

ハリポタ研究第6巻 16〜19章

第16章〜19章
(筋)ロンの家で破れぬ誓いについて聞くハリー。ロンは、それを誓った人は破ると死ぬということを告げる。そんななか、ロンの兄パーシーが魔法大臣を連れてやってきた。大臣の目的は、ハリーを魔法省に抱き込むこと。ハリーはきっぱりとはねつける。その後、姿現わしについての授業を受けられることになった貼り紙がホグワーツ城に出た後、ハリーはダンブルドアの個人授業を受ける。トム・リドルの過去について学ぶのだが、スラグホーン先生が自分の記憶に干渉しているので、真実を彼から引き出せ、というダンブルドアの宿題であった。ハリーは戸惑いながらそれを受け入れる。その後、スラグホーン先生の授業にプリンスの教科書で窮地を脱出したハリーは、ロンがほれ薬を飲まされているのを見てスラグホーン先生に助けを求め、解毒剤ベゾアール石でロンを助ける。

(コメント)次から次へと受難続きのハリーとロン。ハーマイオニーとロンは喧嘩したままだし、ハリーとしてはどうすることもできません。ベゾアール石って、おいしいのかな?

posted by あすにゃん at 13:02| Comment(0) | 見聞録

2018年03月02日

ハリポタ研究第04巻(上) 03,04

第03章 招待状
(筋)ロンの父、アーサー・ウィーズリーから、クィディッチのワールドカップ観戦招待状がやってくる。それを見たバーノンおじさんは不機嫌きわまりない。ハリーは名付け親のシリウスの名前をチラつかせて承知させる。

(コメント)いつものふくろう便ではなく、郵送で手紙が来るのですが、配達員が『どこから来たのか』と不思議がっていた、とバーノンおじさんが言うんです。まあ、手紙に所狭しと切手が貼ってあれば、いぶかしく思うのも無理はない。
そして、ワールドカップのクィディッチ! 世界各国の魔法使い達が一堂に会するんですね。ワクワクしちゃう!
しかしハリーの命を狙うヴォルデモートが、なにをたくらんでいるのか不安と言えば不安です。クィディッチは危険な競技でもありますし……。
どういうふうにハリーが危険に巻き込まれていくのでしょうか。
そして、バーノンおじさんは、ひょっとしたら、ハリーを心配して「まとも」を口にしているのでしょうか。
なんであれ、ウィーズリー家の訪問は許可が下りたもようです。

第04章 再び『隠れ穴』へ
(コメント)迎えに来ると言ったウィーズリー家は、約束の時間になってもまだ来ない。なにをやっているのかと思ったら、ダーズリー家の煙突(とっくに塞いでいる)にやってくるんだから、バーノンおじさんはどう思ったでしょうかねえ?
ダドリーは、また尻尾をはやすかもと思って大きな手を尻に回しているので、アーサーはとても心配するのですが、そんな価値なんかないよね!
だって、双子のジョージにフレッドがわざと落としたイタズラお菓子に手をつけて、したたか痛い目に遭ってる。ダドリーの意地汚さは相当なものです。落ちていたお菓子を食べるなとしつけられていないらしい。親の顔が見たい。

posted by あすにゃん at 08:03| Comment(0) | 見聞録