2018年09月20日

ハリポタ研究第7巻 26章まで

   第26章まで
(筋)そして、最強の杖は、ホグワーツの庭に葬られていたダンブルドアが抱いていた。
ハリーが調査している間に、ヴォルデモートはそれを手に入れてしまったのだった。
それを知りつつ、分霊箱があるはずの銀行の番人と、銀行の中にあるモノをグリフィンドールの剣を交換するという約束をしてしまうハリー。
そして銀行へと入り込んだ三人は、分霊箱の番人ドラゴンと対決する。
ハリーはヴォルデモートが銀行破りを実行されたことを知ったと知り、最後の分霊箱がホグワーツにあると知った。ひたすら進むことを口にするハリー。

(コメント)小鬼との価値観の相違により、うまくしてやられてしまったハリーでした。しかし前回までの章で、閉心術を身につけることができたようで、まずはめでたいと言っていいでしょう。ルーピンにも息子ができましたし、ハリーは名付け親。そんなほのぼのとしたエピソードのあとに、この章ではこんなハードなアクションが続きます。
ヴォルデモートとの対決は、だんだん迫ってきているようです。さて、いったいどうなることやら。

posted by あすにゃん at 06:41| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: