2018年09月19日

ハリポタ研究第7巻 22章〜


  第22章から
(筋)そこでハリーは、三つの宝について思いを巡らせる。いまや分霊箱などどうでもよかった。思わず友人たちと口論したハリーは、ロンに警告されていたのも忘れてヴォルデモートの名を口走ってしまう。
そこに現れた狼人間たちにさらわれて、マルフォイ邸に行くハリーたち。正体がバレ、殺されかけたとき、ハリーは昔助けた恩を口にしてからくも窮地を脱する。ドビーが助けてくれたのだが、ドビーはその代わりに死んでしまう。

(コメント)ハリーが夢中になればなるほど、ハーマイオニーが冷静に水をかける。このコンビはなかなか魅せてくれます。三つの死の秘宝を集めたら、死を乗り越えられると思っているハリーは、ヴォルデモートの名前を口走って、狼人間たちにつかまってしまうのでした。
ハリーってほんっと、頑固ですね。こういう人といっしょに行動していたら、寿命がいくらあっても足りないや。

posted by あすにゃん at 08:15| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: