2018年08月20日

ハリポタ研究第6巻 16〜19章

第16章〜19章
(筋)ロンの家で破れぬ誓いについて聞くハリー。ロンは、それを誓った人は破ると死ぬということを告げる。そんななか、ロンの兄パーシーが魔法大臣を連れてやってきた。大臣の目的は、ハリーを魔法省に抱き込むこと。ハリーはきっぱりとはねつける。その後、姿現わしについての授業を受けられることになった貼り紙がホグワーツ城に出た後、ハリーはダンブルドアの個人授業を受ける。トム・リドルの過去について学ぶのだが、スラグホーン先生が自分の記憶に干渉しているので、真実を彼から引き出せ、というダンブルドアの宿題であった。ハリーは戸惑いながらそれを受け入れる。その後、スラグホーン先生の授業にプリンスの教科書で窮地を脱出したハリーは、ロンがほれ薬を飲まされているのを見てスラグホーン先生に助けを求め、解毒剤ベゾアール石でロンを助ける。

(コメント)次から次へと受難続きのハリーとロン。ハーマイオニーとロンは喧嘩したままだし、ハリーとしてはどうすることもできません。ベゾアール石って、おいしいのかな?

posted by あすにゃん at 13:02| Comment(0) | 見聞録
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: