2018年05月21日

ハリポタ研究第05巻 31〜35章

第31〜35章
(筋)魔法使いの試験、「オウルOWL」が始まった。ところがハリーはその試験の真っ最中に、シリウスがヴォルデモートと会話している幻を見る。ハグリッドとマクゴナガルのいない今、ハリーをかばってくれる先生はいない。そしてハリーは、止めるハーマイオニーをよそにまっしぐらにアンブリッジ先生の部屋に行き、捕まってしまう。ところがハーマイオニーは、嘘をついて窮地を救ってしまう。禁じられた森でケンタウルスに助力を求めたハーマイオニーだったが、逆にケンタウルスは怒ってしまい、そこへ巨人が現れて大騒動。アンブリッジ先生はケンタウルスに連行され、ロンとネビルとジニーとルーナが、マルフォイたちをやっつけてから登場。みんなはハリーと同行したがる。はじめは反対していたハリーだが、みなの意志が固いことを知ってあきらめた。そして神秘部へと向かい、不思議な板を発見、それをゲットしたがそのとたんヴォルデモートの部下たちが登場。ハリーの手にする予言の書を巡って、激しい戦闘が行われる。そこへ不死鳥の騎士団が現れて加勢するも、シリウスがこの戦いで死んでしまう。

(コメント)そんなバカな! シリウスが死んじゃった!
ハリーには、厳しい状況が続いています。ダンブルドアが駆けつけたのに、シリウスの死を防げなかったなんて……。
結局閉心術をまじめにやらなかったハリーが一番よくないんですが、スネイプも悪いと言えば悪い。いろいろな感情を乗り越えることができなかった十代の男の子の、一生心に残る傷になるでしょう。
運命とは、ほんとうに残酷です。

posted by あすにゃん at 08:23| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: