2018年05月14日

ハリポタ研究第05巻(上) 01〜10まで

第01章から第03章まで
(筋)ヴォルデモートの最新ニュースに耳を澄ませていたハリーは、ダドリーがディメンターに襲われているところを魔法で助ける。しかしダーズリー家は褒めてくれない。そんななか、ふくろうが飛んできて、マグルのいるところで魔法を使った罪で退校だと言われてしまう。落ち込むハリーのところへ、次々とふくろうがやってきて、退校を取り消す代わりに尋問を受けよ、と言うことに落ち着いた。そんななか、ハリーをこっそり見張っていた魔法使いたちが、ハリーを保護する動きに出る。ハリーは、情報を知らされないのにいらだつ。

(コメント)
十五歳のハリーが、ダドリーを嫌いながらも救うシーンは、かれの高潔さを示していて、なかなかできないよなーと感心してしまいました。だからこそ、リーダーの資格が出てくるのかもしれませんが、ひどい癇癪もちなのはおおいなる欠点です。おじさんに何を言われても、冷静に答えるべきでした。でもおばさんがちょっと不思議なんです。吼えメールをもらって、ハリーを放り出すというバーノンおじさんに賛同しなくなっちゃった。なにかあるぞ。
それにしても、ディメンターがマグルの地にも来ちゃったとは……。こわいな……。ゲームになるとしたら、この辺の設定を生かして、ディメンターとの戦いになりそうですが。どんなARゲームになるのか、楽しみです。

第07章〜第10章まで
(筋)ロンは寮監生になった。ロンの母親は喜ぶが、同時にハリーのことを心配する。魔法省での尋問は、ダンブルドアが弁護に立ってくれたこともあって結局無罪。無事にホグワーツへと行くハリーの目の前に、いつものように馬車が現れるのだが、それを引く馬は、ハリーにしか見えなかった。ところが、レイブンクローの女の子、変わり者のルーナが、自分にもその馬が見える、と言い出す。

(コメント)なんとかして、ハリーを退学させたいファッジ。ハリーがじゃまなのです(協力してヴォルデモートと戦うより、かれが嘘を言っているというほうが、ファッジには楽らしいので……。無能な役人の典型ですね)。会場を直前で変えたりして、ダンブルドアが介入できないよう頑張りましたが、無理でした(ざまみろ)。
さて、ルーナとハリー。どうなってるのでしょうか。二人に共通することって、あまりない気がするんですが……。ルーナは空想好きな魔法使いのようです。なんだか身近にいそうですね。このシリーズは、色んなパターンの人が出てきて、ああ、あの人っぽい、なんて当てはめたりできるところが秀逸だと思います。ローリング、人間観察力ハンパない。

posted by あすにゃん at 14:14| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: