2018年03月22日

ハリポタ研究第04巻 最終章

  第31〜第37章
(筋)第3の課題は迷路。成績のいいもの順に迷路に入ることになった。同じホグワーツの寮生、セドリックが危機に陥ったとき、ハリーはそれを救った。そして迷路に現れたスフィンクスの謎を解き、優勝杯を見出すが、先にセドリックがいた。しかしセドリックは、自分がここまでこれたのは、ハリーのおかげだと言って優勝杯に触ろうとしない。説得をあきらめたハリーは、彼と一緒に優勝杯に触ると、それはなんと移動キーで、二人はヴォルデモートのところへ飛ばされてしまう。あっさりセドリックは死んでしまい、ハリーはとらえられ、その血を奪われてヴォルデモートの肉体の復活に使われてしまう。いたぶり、悪事を告白したヴォルデモートは、ハリーを殺そうとするが、ハリーは杖で対抗。直前魔法が発動して、そのすきにハリーはセドリックの遺体を抱えて迷路を脱出。帰宅する。ダンブルドアに打ち明けるものの、そこへ現れたムーディにさらわれる。ムーディはハリーに、「自分はヴォルデモートのしもべだ」と宣言し、いままでのことを話し始める。そしてハリーを殺そうとしたとき、ダンブルドアが助けてくれた。ハリーはあまりのことに疲れ切り、自分を責め、薬を飲んで眠りにつく。 そして時間が経つうちに、ハリーも落ち着いてきた。賞金の一千ガリオンはウィーズリーの双子、フレッドとジョージにプレゼントされる。悪戯専門店を作ってくれと言いながら。

(コメント)ダンブルドアは、いったいどうしてヴォルデモートの復活にハリーの血を使われたとハリーが言ったときに、勝利に満ちた顔になったのでしょうか?
それにしても、セドリック、あっさり死にすぎ(涙)いいひとは、長生きしないね。とくにヴォルデモートが生きているときには。
ムーディが偽物で、偽物の正体は……というところで、「ああ、そうだったのか!」ヤラレた! と思いましたね。こんな伏線の回収って、ありえない! 発想がすごい!
さて、いよいよヴォルデモートが復活し、魔法省はダンブルドアと対立します。だんだん不利になりつつある昨今ですが、巨人との和解やディメンターの排除、闇の魔法使いたちとの戦い、やることいっぱいあります。このシリーズもあと3冊になりました。どんなストーリー展開が待っているのかな。

次回は5月からです。お楽しみに!

posted by あすにゃん at 07:58| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: