2018年03月19日

ハリポタ研究第04巻 26,27

第26章 第二の課題
(筋)課題のヒントをもらったものの、どう解決していいか判らないまま時間が過ぎていく。もはやこれまでか、と思ったとき、ドビーからあるプレゼントをもらったハリーは、それをつかって水の中を泳ぐ。水中人が盗んだのは、ハーマイオニーたち学校の女の子三人だった……。一番最初にたどり着いたハリーは、人質になっているよその学校の女の子を取り戻そうと奮起する。

(コメント)ドビーの助力がなければ、ハリーも今回の課題をこなせなかったでしょう。今回はちょっとばかり、怪物の怖さという点では今までより劣っていますが、知恵を使わねばならない点では今まで以上というところ。ハリーがその知恵を絞って、制限時間内に人質をすべて解放しようと必死になるところは、さすがだなと思いました。一番年下なのに、一番しっかりしてるね。成績はまあ、アレでしたが。
ハリーは優しいから、ドビーも慕うんです。現実では、なかなかこうはいきません。

第27章 パッドフット帰る
(筋)手紙でホグズミードへシリウスを呼び寄せて、今までのことを話すハリーやロンたち。クラウチさんが、野心のあまり息子までアズカバンに投げ込んだという事実に愕然とすると、シリウスはスネイプやカルカロフの間に何かがあることを推理する。

(コメント)ハリーの杖が、ワールドカップのときになくなったとき、背後の席にいたのはマルフォイ一家でした。盗んだのかな? そしてクラウチさんが闇の印のところへ行って、ウィンキーに罪をなすりつけた? しかし、目的は? ハリーひとりを殺すのに、ずいぶんもってまわったやり方をするもんですな。クラウチさんは、どういうひとなんでしょうか。
ところでこの章のタイトルにある『パットフット』というのは、シリウスのあだ名。肉球足という意味です。ハッフルパフ寮生とは無関係です。カタカナ語がおおいから、混乱気味です。こまったもんだ。

posted by あすにゃん at 07:23| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: