2018年03月07日

ハリポタ研究第04巻(上) 09,10

第09章 闇の印
(筋)試合終了の興奮冷めやらぬまま、眠りについてまもなく、ハリーたちはたたき起こされた。悪い魔法使いたちが、この会場の管理人ロバーツさん一家をひどい目にあわせていたのである。しかも、魔法省の役人の目の前で、闇の印である髑髏が宙に浮いていた……。
おびえる魔法使いたち。屋敷しもべ妖精のウィンキーもおびえている。しかしそのウィンキーは、闇の印を飛ばした罪に問われることになる。

(コメント)正義感の強いハーマイオニーが、屋敷しもべ妖精の地位向上に目覚めるシーンがここにあるんですが、妖精には妖精の文化や風習があるのでしょうから、余計なお世話というロンたちの気持ちはわからないでもない。ただ、ハリーはロンほどはっきりと、余計なお世話だとは言ってなくて、態度を保留しているところがちょっとばかり、卑怯かな。
それはともかく、闇の印=ヴォルデモートの殺人予告というアーサーの言葉には、ぞっとさせられます。よりによってどうしてこの日なのでしょうねえ? そして、魔法省の国際魔法協力部部長クラウチさんは、いったいなにをしていたんでしょう。
登場人物がだんだん多くなってきて、なにがなんだか判らなくなりつつあるんですが、ともかくついていかなくちゃ……。カタカナの名前がいっぱいあってたまらん。なんとかしてくれ。

第10章 魔法省スキャンダル
(筋)その日のことは、『スキャンダル記者』リータによって、さんざん書き散らされてしまい、責任を感じたアーサーは役所へ出るという。ハリーは自分のところへヘドウィグが来ていないことを知ると、とうとうロンとハーマイオニーに自分の心配を打ち明けた。傷が痛んだことを知った二人は心配するが、ハリーがシリウスに手紙を送った話をすると、安心する。それにしても、いつシリウスは返事をくれるんだろう?
魔法省では、会場で起こったことについての吼えメールがどんどん送られてきたらしい。処理が大変だったという。そんななか、ハリーはホグワーツへの準備を進めていた。自分はすてきなローブを買ったのに、ロンはお金がなくてとんでもないローブ。ロンは怒ってしまう。

(コメント)ローリングも、きっとスキャンダル記者に悩まされたに違いないな。まあ、三面記事とかスキャンダル記事って、でっち上げでも面白いのは事実だからさ。当事者は怒り心頭に発すってところだけど、読む方は楽しい話。需要があれば供給はあるのだよ。有名になるってたいへんです。
有名と言えば、ハリーも有名でカネモチ。ロンは人がいいところがあるから、さほど気にしていないふりをしてるけど、だんだん差がついてるのがわかってくると、あたりちらしたくなってくるんだねえ。人間は、おなじことでもあるときには「はい」といい、あるときには「いいえ」という。そこにはなにか、別なことが隠されているのでしょうか。こころって、つかみどころがないからこそ、芸術が成立するんですね。機械にはマネはできないでしょう。マネして欲しくない(汗)

posted by あすにゃん at 05:42| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: