2018年01月29日

ハリポタ研究第3巻 20〜最終章まで

第20章 『吸魂鬼(ディメンター)のキス』
(筋)『叫びの屋敷』を出て、森から外へ出た一行。ところがルーピン先生が、月明かりを浴びて狼人間に変身してしまう! そのすきにピーターが逃げ出した。ディメンターがやってきて、ハリーたちの魂を吸い込もうとする。ハリーもハーマイオニーも幸せなことを考えようと努力するが、ハーマイオニーは気絶してしまった。ハリーはディメンターに魂を吸われそうになり、すんでのところである人物に救われる。

(コメント)最後の最後で詰めが甘いというか、ルーピン先生のことをすっかり忘れてるハリーたち。大騒動が起こって、ピーターは逃げ出すは、ディメンターはおそってくるはでハリーも大変です。ストレス、並じゃないだろうに、正気を保っていられるところがかれの強さなのでしょうか。ローリングの強さも関係しているかも。

第21章 『ハーマイオニーの秘密』
(筋)ベッドに寝かされていたハリーは、スネイプの陰謀でシリウスが陥れられ、無実なのに刑に処せられそうなのを知る。ハーマイオニーの『逆時計』で時間をさかのぼったハリーとハーマイオニーは、ヒッポグリフを解放し、その背中にシリウスを乗せて二人を逃亡させるのであった。

(コメント)たくさんのディメンターがうろついていたのを、たったひとりの守護霊(ハリーが出した牡鹿)が蹴散らしてしまいます。守護霊に動物を持ってくるところは、ネイティブ・アメリカン的な発想。でも、神聖さは強烈に伝わってきます。
時間をさかのぼったハリーが、タイム・パラドックスになやむシーンは、ドラえもんなどで時間SFになれた人たちには慣れっこでしょうが、ファンタジーにSF的要素を取り入れて、しかもぜんぜん不自然じゃないところは、伏線の張り方が上手だからでしょうね。
にしても、ハーマイオニー、勉強のしすぎだよ。

第22章 『再びふくろう便』
(筋)ハリーに出し抜かれたスネイプは逆上したが、どうすることもできなかった。試験は終わり、ハーマイオニーは『逆時計』を先生に返し、夏休みがもうすぐ。そんななか、ふくろう便がやってきた。シリウスからだ。ファイアボルトが自分からのプレゼントであることや、自分が無事であることや、このふくろうをロンにあげるということが書かれていた。ロンは喜ぶ。ハリーはダーズリー家に戻り、名付け親の話をした。殺人犯で、魔法使いの牢獄を脱出して逃亡中で、自分が幸せであるかどうか気にしていると。ハリーの伯父さんはまっさおになる。

(コメント)今回で、『アズカバンの囚人』はおしまいです。スネイプは最後までスネイプですし、ダンブルドアもちょっと説教臭いところがらしいですね。
今回で思ったんですが、このダンブルドアって、どうして自分から動こうとしないんでしょうね。ハリーをけしかけていろいろさせてる。こういうひとが一番、危険なんじゃなかろうか。セリフ回しに含蓄があるだけに、一筋縄ではいかないひとみたいな気がします。
さて、今月は、ここまでです。来月はお休みして、3月から第4巻を研究します。

posted by あすにゃん at 06:02| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: