2018年09月12日

ハリポタ研究第7巻 09〜14章

第09章〜14章
(筋)追い詰められたハリーとロン、ハーマイオニーの三人は、ワナがあるかもしれない隠れ家へと向かう。そこにはスネイプが待っているかもしれなかったが、それを防ぐ魔法がかけられていた。その防御魔法を打ち破ったハリーたちは、そこで眠ることになった。ハリーは再びヴォルデモートの夢を見る。
そうして、新しい隠れ家であるブラック家の屋敷にたどり着いたハリーたちは、そこの屋敷しもべ妖精クリーチャーに、シリウスの弟がヴォルデモートを裏切って分霊箱を入れ替えた話を聞き出すことに成功する。なんとその分霊箱、マンダンガスが盗んでいったというのだ。そこでハリーは、シリウスの弟の遺品をクリーチャーに渡して、マンダンガスをつかまえてくるように命じる。遺品を手にしたクリーチャーは、衝撃と感激で泣き崩れる。
ルーピンが加勢に現れたが、妻のことを思ってその援助を断るハリー。臆病者呼ばわりして追っ払ってしまう。そこへクリーチャーが、マンダンガスを連れてきた。シリウスの遺品を、なんとハリーに「ぼくは嘘をついてはいけない」と書かせた、アンブリッジに売り渡したというのである。その上、スネイプがホグワーツの校長になってしまった!
魔法省へとアンブリッジに会いに行ったハリーたち。いろいろな障害を乗り越えて、ついにアンブリッジとあいまみえる。
魔法省の純血種でない人々を助け、分霊箱を手に入れたハリーたち。しかしその代償に、隠れ家を失ってしまった。しかも、ハリーの見た夢によれば、ヴォルデモートの目の前で別の分霊箱を奪ったブロンドの若者の命も危険にさらされている。なんとかしたいと思いつつ、ハリーは二度目の眠りに落ちていった。

(コメント)
自分をさんざん悩ませたクリーチャーをゆるすハリー。心が広いですね。アンブリッジは相変わらずイヤなヤツ。
この話は、悪いヤツが徹底的に悪いって
ところが娯楽的。でも脇役でも、いろんな感情を持っているということがうかがえて、なかなか面白い。
観察力、はんぱないね。

posted by あすにゃん at 08:26| Comment(0) | 日記