2018年09月10日

ハリポタ研究第7巻01〜03

第01章〜03章

(筋)ヴォルデモートは、純血のみが魔法界を支配するという理想を実現するために、マグルを擁護する先生を殺す。ハリーもまた、自らの手で殺すつもりだ。

その一方で、『日刊予言者新聞』に載った、リータのダンブルドアへの中傷記事に傷つくハリー。なんとダンブルドアは、闇の魔術をちょいとかじったことがあるという。ハリーは信じなかった。

ハリーは叔父のバーノンに、ヴォルデモートの話をして、逃げるように勧めるが、バーノンは信じない。しかしダドリーは彼を信じ、迎えに来た魔法使いたちといっしょに、ダーズリー一家は立ち去っていった。



(コメント)

 どんなイヤなやつでも、命を救ってくれたことに対してお礼を言ってくれるわけです。それを認め、相手にそれを表現するには、ある種の決意が必要です。ある意味、ダドリーは勇気があると言えるでしょう。

護りの魔法が消える17歳が近づいてきています。ヴォルデモートがそれを待って攻撃してくるとは思えません。それまでに抹殺されるかも! ハリーの命がけの逃亡が始まるのです。

 それにしても、J.K.ローリングは話の持って生き方がうまい。第一章はヴォルデモートとその部下の対話で、ハリーを殺そうとする陰謀を練る大人たちやヴォルデモートのマゾヒストぶりがよくわかるし、第二章ではハリーが信じていたダンブルドアへのイメージを傷つけられて衝撃を受けるし、第三章では親戚と別れるのにちっとも湿っぽくないシーンが挿入されます。

 まったく飽きさせないストーリー展開。話題になるシリーズで、重圧もたっぷりあるだろうに、ぜんぜんそれを感じさせない。ローリング、すごい。




posted by あすにゃん at 06:00| Comment(0) | 日記