2018年05月22日

ハリポタ研究05 最終章まで

第36章から最終章まで
(筋)ところがそこへ、ヴォルデモートが現れてハリーを殺そうとする。ダンブルドアが応戦、ヴォルデモートは逃走してしまった。すべてが片付いたとき、ハリーはダンブルドアに校長先生がいかにハリーを気にしていたかという話を聞かせてもらう。愛情ゆえに真実を隠していた―――ハリーにとってはつらい事実だった。

(コメント)予言によると、ハリーとヴォルデモートはどちらか一方が死ぬまで戦わねばならないそうで、ハリーにはそれがショックなのです。シリウスを失ってしまったいま、チョウとの破局も気にならない。大切な人を失うのは、だれだってつらいものです……。
だけど最後はハリーにも、大きな味方ができました。もう虐待はされないでしょう。それだけが救いかな。
『ハリーポッターと不死鳥の騎士団』は、これでおしまいです。つぎは『ハリーポッターと謎のプリンス』です。これは8月以降の発表予定です。

posted by あすにゃん at 07:10| Comment(0) | 日記