2018年05月16日

ハリポタ研究05(上) 15〜18章

第15〜第16章
(筋)アンブリッジ先生は、ホグワーツでほかの先生を監視する権限を、魔法省から与えられた。そのため、ハーマイオニーはハリーに、『闇の魔法への対抗術』の授業を、生徒たちに教えて欲しいと言い出す。ためらっていたハリーだったが、いつのまにか乗り気になり、実際に教えることになった。初恋のチョウが、ハリーを見つめっぱなしである。

第17章〜18章
(筋)幸せなときは長く続かない。魔法省からの通達で、ハリーたちの結社の自由は奪われた。そこでハーマイオニーは、ダンブルドア軍団という秘密の組織を立ち上げ、ホグワーツ城の秘密の部屋で闇の魔法への対抗術を学ぶ算段をつける。そうこうするうちに、ハリーはクィディッチで勝利した。ところがハリーはクィディッチを終身禁止処分にされてしまう。

(コメント)汚い歌でロンをアガらせて、勝利をせしめようとするスリザリン。そして、権力を笠にきて、生徒たちを押さえ込もうとするアンブリッジ先生。かろうじてチョウが味方になってくれているのが救いですね。
ハリーは、もうちょっと感情のコントロールをしたほうがいいのでは? すぐ喧嘩するから、つけこまれるんだよね。その意味では、スリザリンもアンブリッジ先生も狡猾でやり手です。
どこにでもいそうなひとたちだな。

posted by あすにゃん at 12:03| Comment(0) | 日記