2018年03月16日

ハリポタ研究第04巻 23,24,25

第23章 クリスマス・ダンスパーティ
(筋)クリスマス・ダンスパーティがはじまった。ハーマイオニーは決して自分の相手を明かそうとしない。ロンとハリーは気の進まない女の子と組むことに。ハーマイオニーは、まえにハリーとマルフォイがけんかしたときの巻き添えを食らって歯が大きく伸びていたのだが、いまはきれいになっている。美しくなったハーマイオニーの顔を見て、ロンはますます彼女の相手を知りたがる。実は彼女の相手は、クラムであった。ロンは嫉妬して逆上してしまった。
ところで、ハグリッドは、マダム・マキシームに自分の母親が巨人だと打ち明けた。ロンは、巨人が凶暴で人殺しばかりしていると言う。ハリーたちはこの秘密を知っているが、ハグリッドはそれを知らない。

(コメント)初恋のチョウを奪ったセドリックから、今度の課題のヒントをもらうんですが、これがまた突拍子もなくて、自分を馬鹿にしているのかなとハリーは疑っています。風呂に入って湯の中でじっくり考えろ、だって! 外国のお風呂は日本のと違って湯をためないはずなので、どういう助言なのか悩ましいところです。
ところで、ロンは、ハーマイオニーがきれいになったとたん、態度を変えちゃうんです。なんてやつだ(笑)でも、前々からロンは、ハーマイオニーが気になっていたはず。ハーマイオニー、なかなか上手です。恋の駆け引きは彼女の勝ち!

第24章 リータ・スキーターの特ダネ
(筋)マルフォイは、『日刊予言者新聞』を見せびらかす。そこには、ハグリッドが半巨人であることが明確に語られていた。新しい先生がやってきて、刺激的な授業をするのだが、ハリーもロンもハーマイオニーも、ハグリッドに戻って欲しいと願う。ハグリッドは、小屋のなかでダンブルドアの見つめる中、3人のまえで元に戻ることを誓う。

(コメント)リータは、がせネタで稼ぐ女ですが、ハーマイオニーは彼女を相手に噛みつきます。勇気があるんだが、少し蛮勇かもしれない。今後リータにどんなふうに突っ込まれるのかなぁ。不安がこみ上げてきます。それにしても、おとなのくせにリータってダメ女だね! 厚顔無恥というのか、ああいう人にも仕事があるんだから、世の中って侮れない。わたしも少しはプライドを捨てるべきかもね(乾笑)

第25章 玉子と目玉
(筋) ハグリッドの「勝って欲しい」という切実な願いを受けて、セドリックの助言により寮監督のお風呂に入るハリーは、そこで嘆きのマートルと出会い、ヒントをもらって卵からなぞをうける。帰りしな、誤って卵を階段から落としたハリーは、スネイプにつかまりそうになるが、ムーディが助けてくれた。その代わり、彼は忍びの地図をムーディに貸すことになる。

(コメント)クラウチさんが病気だという話があったんですが、このストーリーではスネイプのところへクラウチさんが出没していると忍びの地図に書いてあったのでした。クラウチさんますます怪しい。
ムーディにはハリーのことが見えているので、スネイプが「ハリーがあやしい!」と叫んでもとりあわなかったんですが、スネイプさんはしつこいから、翌日がこわいかも(汗)
   さて、卵の出したなぞは、1時間で水中人の盗んだなにかを取り戻すという。どうなることやら。

posted by あすにゃん at 07:58| Comment(0) | 日記