2018年03月13日

ハリポタ研究第04巻 18,19,20

第18章 杖調べ
(筋)ハーマイオニーの言によると、ロンはハリーに嫉妬しているのだという。仲直りを助言されて拒否するハリーに、ハーマイオニーは、シリウスに事情を知らせろと助言する。結局、ちゃんと手紙で報せる方がいい、となり、いつものヘドウィックではなく学校のフクロウを使ってシリウスに手紙を送るハリー。ヘドウィックはすねてしまう。
日刊予言者新聞の敏腕記者、リータによるでっちあげ記事につきあわされたハリーは、その後、自分の杖について作成者の調査をうける。その後、シリウスから手紙が入る。グリフィンドールの暖炉の前で待てというのだ。

(コメント)ロンもロンだけど、ハリーも意地っ張りだね。孤独を感じながらも、自分から折れるってことをしないんだから。ハーマイオニーがあきれるのも無理はない。
そして、リータはでたらめ記事を書きまくります。自分が書いたんじゃなくて、自動筆記ペンが書いたとなりゃ、責任は取らなくていいから気が楽ですな。マスコミのよくある手口の一つです。
シリウスは、とうとうホグワーツに戻ってくるみたい。ハリーは気が気でないでしょう。
頼れるのはかれとダンブルドアとムーディだけだしね。3人ともひとくせあるからさ。
居心地がいいはずのホグワーツでさえ、同じ年頃の子が、ハーマイオニーをのぞいてだれひとり味方になってくれないというところが、ハリーにとってはやるせない。かわいそうに。

第19章 ハンガリー・ホーンテール
(筋)シリウスとの約束の時間のまえに、ハグリッドに呼び出されたハリーは、第一の課題がドラゴンだと知った。あとで現れたシリウスにその話をすると、犯人は闇の魔法使いの一味であった、カルカロフ(ダームストラング校長)だろうと告げる。ヴォルデモートの姪を受けているのかもしれない。なにもかも謎だが、ドラゴンを撃退する方法は簡単だと言うのだ。ところが肝心なときに……。

(コメント)自分ではどうしようもない運命にうちひしがれて、落ち込んでいるばかりいるのがハリーではありません。その運命を怒り、あらがい、ときに組み伏せてしまう生命力があるんです。ドラゴンが課題だと知って、ハリーは絶望的になるわけですが、シリウスは簡単に撃退する方法があるとヒントを言ってくれます。ところが、そのヒントの肝心要なときに、ロンが現れて台無しにしてしまうんです。ハリーは怒りのあまり、当たり散らしてしまいます。もうちょっと、自分を制御するようにしようね、ハリー。

第20章 第一の課題
(筋)ハリーは、ムーディから課題に関するヒントをもらい、ドラゴンを相手に戦いを挑み、これに勝利する。しかし怪我をしてしまった。それを見たロンは真っ青になり、ハリーに謝罪を申し出る。ハーマイオニーは涙を浮かべてよかった、と叫ぶのであった。

(コメント)はじめはディメンター、つぎはドラゴン。次々と出てくる究極の怪物たち。でもいちばんこわいのは人間のこころじゃないかと思った(どこかで聞いたような話だけれど)。ドラゴンを相手に課題をこなすハリーの知恵と勇気は抜群ですが、なにより自分の非をみとめて謝りに来たロンは立派だと思う。ハーマイオニーも泣いちゃったけど、感動的なシーンです。
それにしても、課題についてまったく何も知らないセドリックに、ドラゴンのことを教えるハリーは道徳的というより崇高ですね。ヒーローは、こうでなくちゃ。
とうとう、ホグワーツのなかで敵愾心を燃やしていたハッフルパフやレイブンクローの寮生たちが、誤解をといて応援してくれるようになりました。ハリーはそんなことより、ロンが戻ってきてくれたのがうれしいようです。よかったよかった。

炎のゴブレット(上)は、ここまでです。
(下)巻はあさってお話ししましょう。またね。

posted by あすにゃん at 07:52| Comment(0) | 日記