2018年03月12日

ハリポタ研究第04巻 15,16,17

第15章 ボーバトンとダームストラング
(筋)ムーディは授業で、禁じられた呪文をハリーにかけたが、ハリーはそれに抵抗する。ムーディは喜んでしまった。
ヨーロッパの二大魔法学校(ボーバトンとダームストラング)がホグワーツにやってくる。
ハーマイオニーは相変わらず屋敷しもべ妖精のために戦っている……。

(コメント)ムーディはハリーに、服従の呪文を投げるんですが、ハリーはきっぱり撥ね付けます。反対呪文が効いているんでしょう。傷痕が痛まないのは、ヴォルデモートとは関係がないため? それにしても、ムーディのやり方は厳しい気がします。
ボーバトンとダームストラングの選手たちがやってきました。ボーバトンは、空飛ぶ馬車で(天馬つき)。ダームストラングは帆船でやってきます。ロマンチックですな。
ローリングは、同じ手段で移動させることを、ほとんどしないみたいです。煙突で移動させたり、移動キーを使ったり、空飛ぶ車を使ったり、特急蒸気機関車を使ったり。飽きなくていいね。アイデア豊富でうらやましい。でも、全シリーズを書き上げるのに5年かかったっていうからなぁ。たいへんですね。

第16章 炎のゴブレット
(筋)炎のゴブレットに立候補の名を入れる前に、代表選手がことし取り込むべき課題があることが、実行委員であり魔法ゲーム・スポーツ部部長、ルード・バグマンによって話される。課題の一つ一つをどのように巧みにこなすかを採点され、三つの課題の総合点がもっとも高いものが優勝杯を獲得するのだ。
ハグリッドの恋らしきものの気配を感じたり、双子のウィーズリーが炎のゴブレットに拒否されるなど、いろいろあったあとで、三人の代表選手が選ばれた。ところが四人目がいたのだ。それは、ハリーポッターだった。

(コメント)ハグリッドが自分にオー・デ・コロンを振りかけている! 想像するだに絶句ものです。笑っちゃいけないけど笑っちゃった(汗) その恋の相手は、ボーバトンの校長、マダム・マキシームでありました。どうでもいいけど、この恋は実りそうにもない。よその校の先生と恋をしてどうしますか、ハグリッド。
そして、十四といえばティーンエイジャー。女の子が気になるロンやハリーです。ふつうの男の子ぽくていいな。でも、ハリーはどうしたんだろう。代表選手に立候補したんだろうか。そんな描写はなかったから、トラブルの予感です。

第17章 四人の代表選手
(筋)魔法のゴブレットは、ハリーを四校目の代表選手として選んだのだろうとムーディは推論する。その犯人として、かつて闇の魔法使いだった、カルカロフ(ダームストラング校の校長)の名をあげるのである。
ともあれ、ハリーは選ばれた。年齢制限を超えて。自分はやってないと主張するハリーだったが、ロンでさえ信じない。ハリーはロンの友情を失っていった。

(コメント)無実の罪を着せられるのって、立証しにくいからこまりますよね。「ある」ものはつかめるけど、「ない」ものはつかめないから。そういう意味では、「推定無罪」という制度は、機能すべきものなのでしょうけど、悪用するヤツがいるから困りもの。ハリーもそのひとりだと思われているのでしょう。
まわりはほとんど大人に近いのに、自分は小さいと劣等感を感じているハリー。そのうえにロンからも批判されて、針のむしろ状態です。ほかの人はともかく、数少ない友だちを失うってこわいことだよね……。こんなときに闇の魔法使いが襲ってきたら!
ハリーに危険が迫っています。

posted by あすにゃん at 07:13| Comment(0) | 日記