2018年01月18日

ハリポタ研究台3巻 01,02

                              
第一章 『ふくろう便』
(筋)今年はハリーの十三歳の誕生日だが、ダーズリー家はまったく無視である。ハリーは魔法を勉強したくてもできず、外にも出してくれなかった。そんななか、ロンから電話があった。折悪しく出たのはバーノンおじさん。ロンのことがバレてしまい、連絡が途絶えてがっかりしたハリーのところへ、ふくろう便が三つ届く。ロンとハーマイオニーとハグリッドの三人からのプレゼントに、生まれて初めて誕生日をうれしいと思うハリーであった。

(コメント)
    相変わらず、虐待されているハリーからの冒頭です。これっておそらく、全巻通じてそうなのかもしれないですね。最悪から最良へのシフトが心地よくなります。
    ロンはアホみたいに気軽に電話してきますが、怒鳴りつけられてやっとダーズリー家の頑固さがわかったみたい。とはいえ、金貨を当ててエジプトへ行けたのはラッキーでした。
    ハーマイオニーは、ハリーの欲しいものを的確にくれるひと。ハリーは、そばに箒がなくても、その志に感動しています。そしてハグリッド! いったい、噛みつく本がどのぐらい役に立つのか?! なんにしろ、ハリーは長らく孤独だったのが、友だちがいると実感できてうれしくなるのでした。わたしはちょっと泣けてしまった。孤独って、イヤだよね。

第二章 マージおばさんの大失敗
(筋)バーノンの妹、マージおばさんがバーノンの家に一週間滞在する。なにかというとダドリーと比較し、めちゃくちゃなことをいうおばさんに腹を立てつつ、魔法村へ行く許可証を思い浮かべて我慢するハリーだったが、父親のことを悪く言われて頭に血が上り、マージおばさんをひどい目に遭わせて立ち去ってしまう。
(コメント)意地悪なひとへは、これくらいして当然だと思いますが、バーノンにしてみればたったひとりの妹ですからねえ。自分にも似てる。妹がリリーのご主人(つまりハリーの父親)のことをあれこれ言っても、止めようともしないんだから! ハリーが怒って家を飛び出すのも無理はないね。
今回のストーリーで、改めて、ハリーがヴォルテモートと戦って成長するにしたがって、親戚連中の嫌がらせが激しくなるのがわかります。ハリーがヴォルテモート側に与したらどうなるんだろうね。その危険は常にあるんだが。なぜ、ハリーはヴォルテモートと戦ってるんでしょう。ヴォルテモートも、この親戚を使って、誘惑すりゃいいだろうにね。

posted by あすにゃん at 06:19| Comment(0) | 日記