2018年01月15日

ハリポタ研究第2巻 12,13,14

第12章 『ポリジュース薬』
(筋)ダンブルドアのいる部屋で、不死鳥の復活を目にしたハリー。ダンブルドアは、一連の事件を無実だと信じてくれたが、「なにか言いたいことがあるかね」と聞かれてハリーは「いいえ、ありません」と嘘を言った。変身薬(ポリジュース薬)は完成を見て、ロンとハリーはマルフォイのとりまきに、ハーマイオニーはスリザリンの寮生に変身することになったが、なぜかハーマイオニーは脱落する。ロンとハリーはとりまきに扮してマルフォイから話を聞こうとするが、彼はなにも知らなかった。父親がなにやら隠していることを把握して、帰ってきたロンとハリーは、ハーマイオニーが猫に変身していることに気づく。どうやらスリザリン寮生のマントの毛は、飼い猫のものだったようだ。

(コメント)500年に一度の不死鳥の復活。ハリーは目の前にそれを見て、驚いてしまいます。これがまた、重要な伏線だったりしますよ! いやまったく、無駄のないストーリー展開ですね。この話のラストのハーマイオニーの受難も笑えるし、緩急がしっかりなされていて、続きを読みたくさせることこのうえなし。変化に富んだストーリーやキャラクターにはほんとうに感心します。

  第13章 『重大秘密の日記』
ハリーとロンは、不機嫌なフィルチのその原因を探るうちに、トイレで日記を見つける。女子トイレの『嘆きのマートル』によると、だれかがそれを便器に投げつけたらしい。拾ったハリーは、この日記が五十年前に書かれたこと、持ち主がT・M・リドルだということを知ったが、日記には何も書かれていなかった。ところが、ふとした拍子にハリーが日記にインクを落としたとたん、それは会話を始めた。そして、その持ち主であるリドルが現れ、秘密の部屋をあけた人物のことを映像で語り出す。

(コメント)日記と会話するというところが、映画でも描写されていて、まるでネットのように感じました。日記を書いて交流するというところなんかは、SNS。悪魔的な罠にかかるひとも出てくる一方で、心を癒やされるひともいる。道具って使い方しだいですねえ。
さて、このリドルくん。いったいなにものなのでしょう。素直に信じていいんでしょうか。ハリーくんはウブだからなぁ。ヒヤヒヤものです。

第14章 『コーネリウス・ファッジ』
(筋)何事もなく四ヶ月が過ぎた。ハグリッドに、事情を聞くことをあきらめかけたとき、ハリーは再びあの幽かな声を聞いた。その直後、ハーマイオニーとレイブングローの寮生が石になっていた。ハグリッドは魔法省大臣のコーネリウス・ファッジに逮捕され、ルシウス・マルフォイによってダンブルドアは校長を停職させられてしまう。透明マントで一部始終を聞いていたハリーとロンは、ハグリッドの『クモのあとを追え』という言葉を聞く。

(コメント)事なかれ主義のコーネリウス・ファッジのおかげで、ダンブルドアがえらいめにあってます。マグル出身が四人もやられて、ダンブルドアは打つ手なし。ハリーたちが奮い立つのも無理はない。コーネリウス・ファッジって、ほんとに有能なのかなぁ。ルシウスなんかに任せてたら、ろくなことにならないぐらい、わかるだろうに。

posted by あすにゃん at 05:57| Comment(0) | 日記